子犬は無邪気に走り回るので、稀に逃げ出してしまう場合があります。 では、逃げ出さないようにするには、どうすれば良いのでしょうか? 逃げ出さないようにするポイントは、3つあります。 ・柵で囲う ・運動させる ・しつけをする まず、一番簡単なのは柵で囲うことです。 ある一定の高さの柵で囲い、逃げられないようにしましょう。 あまり小さな柵だとジャンプして逃げてしまうので、注意してください。 また、元気な時ほど逃げ出してしまうので、あえて疲れさせるのも有効です。 毎日、運動をさせて疲れさせることで、逃げ出さなくなります。 そして、逃げ出さないようにしっかりとしつけをすることも大切です。 基本的なしつけを覚えさせることで、勝手にどこかに行くようなことはなくなるでしょう。 そのためにも、お座りや待て、伏せといったしつけをきちんと行ってください。 このようなことをすれば、子犬は逃げ出さなくなるはずです。 子犬を飼われている方は、参考にしてください。